あること・ないこと日記

最近、オンライン古書店で、中古のコミックをいろいろと仕入れていて気付いたことがある。

今日はそれについて書いてみる。

ある日、駿河屋で20冊ほど買ったコミックが段ボール箱入りで届いた。

早速中を確認していると、おかしなところがあるのに気が付いた。それは、値札のシールである。そこには、BOOK・OFFの¥108のシールが貼ってあったのだ。

あれ、このコミック、ブックオフオンラインで買ったんだっけ?

いや、いや、いや、いや、明らかに駿河屋から届いたんですけど。

しかも、¥108より高値で買ってるし。他店の値札シールぐらいは剥がしましょうよ、駿河屋さん。

と思っていたら、別の日にネットオフで買ったコミックには、ネットオフの値札シールとBOOK・OFFの値札シールが貼ってあった。

だから、他店の値札シールは、剥がしましょ?

さらに、別の日、まんだらけで買ったコミックの値札シールを剥がしてたら、その下からBOOK・OFFの値札シールが顔を出した。

一体、どういことなの・・・。

そして、やっぱり、あとから貼られた値札シールの方が、値段高くなってるし。

なんだろう、今日び、古書店は、自分のとこの不良在庫を、処分価格ででも他社に持ち込んだりしているのだろうか?

それとも、

1.ある人が、A店で中古で買ったコミックを、A店の値札シールがついたままの状態で、B店に売る。

2.B店は買い取ったコミックについているA店の値札シールを剥がさずに、そのままB店の値札シールを貼って売る。

こういうことなのだろうか。

誰か、この辺の事情について知ってたら教えてください。

あること・ないこと日記

※本記事には、あること(ノンフィクション)と、ないこと(フィクション)が含まれます。