昨日、生まれて初めて、ココナッツを食べた。
おいしかった。
食べるところまで至るのに結構大変だったので、過程をレポートする。

スポンサーリンク

1.ココナッツとは?

ココナッツは、ヤシの1種であるココヤシの果実である。
要はヤシの実だ。


ヤシの実は固く覆われていて、中には、白くてプルプルした固形胚乳とたっぷりの液状胚乳(ココナッツジュース)が入っている。
固形胚乳は食べられるし、もちろんココナッツジュースは飲むことができる。
どちらも南国の味がしておいしい。

2.食べるまでの過程

実の開け方が英語で書かれていた。
s_IMG_20160430_165709

2.1.まず外側の皮をむく

スタート
s_IMG_20160430_165619





外皮をむいた(切った)
s_IMG_20160430_165721

2.2.さらに皮をむく

堅い部分(茶色い)が出るまで、外皮をむけとのこと。


茶色い部分が出てきた
s_IMG_20160430_170118

2.3.ココナッツ割り

茶色い部分の周りを45度の角度で包丁で何度か叩き、その後包丁で、こじ開けろとのこと。


開いた
s_IMG_20160430_170248

2.4.おいしくいただく

白くてプルプルした部分(あまり多くない)と、ココナッツジュース(500mlくらい)をいただいた。
s_IMG_20160430_171113


s_IMG_20160430_170805



中身はおいしかったが、外側の部分が丸々残っている。


s_IMG_20160501_193148



これはどうしたらいいのだろうか。
wikipediaによると、

内側の固い殻は容器として用いられるほか、細工物にも使われる。

ということらしい。

スポンサーリンク

3.まとめ

  • ココナッツはおいしい
  • おいしいけど、食べるまでが大変
  • 余った実をどうしよう



※本記事には、あること(ノンフィクション)と、ないこと(フィクション)が含まれます。