以前、Android用のアプリを開発し、それをGoogle Pleaストアで公開したと記事を書いた。
[bcard url=”https://terutakke.com/diary/i-released-android-application-at-google-play-store/”]

スポンサーリンク

1.公開したアプリは3つ

その後、立て続けに2つのアプリを追加で公開した。
よって、現在はGoogle Playストアで3つのアプリを公開している。


3つのアプリは、私が他に運営しているサイトの訪問者向けに開発したものだ。
そして開発前から、需要がないであろうことが分かっていた。


そのサイトのアクセス解析の結果から、モバイルからのアクセスのうち、実に7割のアクセスがiPhoneからのものであることが分かっていた。

アクセス解析結果
アクセス解析結果



しかし、私が開発したのは、Android用のアプリである。
需要がないのは、一目瞭然である。


より正確に言うなら、Android用アプリの需要がないのは明らかである。


開発したアプリの内容自体は、少なくともサイトの訪問者にとっては需要があると思っている。


しかし、私が開発したのは、Android用のアプリである。
なぜならば、iOS用のアプリ開発に必要となるMacを、私は所有していないからである。

2.公開した結果

上で述べたように、需要がないのはある程度分かってはいたが、結果は惨憺たるものだった。


まず、1番目に公開したアプリであるが、昨日の時点での全ダウンロード数は18となっている。

アプリ1のダウンロード数
アプリ1のダウンロード数



次に、2番目に公開したアプリであるが、昨日の時点での全ダウンロード数は5となっている。

アプリ2のダウンロード数
アプリ2のダウンロード数



最後に、3番目に公開したアプリであるが、昨日の時点での全ダウンロード数は9となっている。

アプリ3のダウンロード数
アプリ3のダウンロード数



1番目のアプリを公開したのが9月25日なので、公開から昨日までの時点で、17日経過していることになる。
なので、全アプリあわせて1日平均2ダウンロードくらいにはなっているということだ。


だからどうしたという感じではあるが。

スポンサーリンク

3.まとめ

  • Android用のアプリを3つ公開した。
  • アクセス解析の結果から需要がないだろうことは分かっていたが、やはり需要がなかった。
  • 3つのアプリをあわせて、1日当たり2ダウンロード。