何日か前の記事でも書いたが、私は、Xbox Oneを所有している。
今日は、このXbox oneの正しい使い方について、紹介したい。

スポンサーリンク

1.Xbox oneとは?

Xbox OneはMicrosoft社が販売している家庭用ゲーム機である。
Microsoft社の販売する家庭用ゲーム機としては、3世代目となる。

1.1.Xboxシリーズ

xbox-1200296_640

初代Xboxは2001年11月にアメリカで販売が開始され、2002年2月に日本での販売が開始された。
Xboxの売上げ台数は、全世界で2400万台であるとされ、そのうち日本での売上げ台数はわずか50万台!である。

また、Xboxの次世代機となるXbox360は、2005年11月にアメリカで販売が開始され、2005年12月に日本での販売が開始された。
Xbox360の全世界での売上げ台数は、8000万台(2003年12月時点)であるとされ、そのうち日本では159万台(2003年1月時点)が
売れたという。

このように、世界では売れるにもかかわらず、日本ではXboxは売れない、というジンクスができあがっている。

1.2.やっぱり日本国内では売れないXbox One

初代Xboxや前世代機のXbox360同様、現世代機のXbox Oneも日本国内においては、やっぱり全くといっていいほど、売れていない(世界的に見れば、それなりに売れてはいるが)。

しかも、その売れなさたるやハンパないレベルまできている。
売れてなさ過ぎて、売れていないこと自体がネタにすらならないレベルである。

メディアクリエイトが発表しているゲーム機の販売台数ランキングについて、直近のランキング(2016年3月21日~3月27日)を確認してみると、1週間当たりのXbox Oneの販売台数は、わずか

55台

である。

つまり、1日平均たったの8台しか売れてないということだ。
もういっそ、1軒ずつ家々を回って訪問販売でもした方が売れるんじゃないかと思えるほどだ。

2.Xbox Oneの魅力的な周辺機器

これほどまでに、日本では売れていないXbox Oneであるが、売れていないことを承知の上で、私は、あえて、Xbox Oneの購入へと踏み切った。もちろん買ったことを後悔など、してはいない。
Xobx Oneには、魅力的な周辺機器があるからだ。

それが、何を隠そうKinectである。

2.1.Kinectとは?

Kinect-4

Kinectは、Xbox360の周辺機器として登場した。ビデオカメラとマイクが搭載されており、ジェスチャーや音声認識で操作ができるデバイスである。
Xbox One用のKinectも販売されており、Xbox360用のものから性能の向上が図られている。
ビデオカメラ・マイクがそれぞれ複数搭載されており、指の動きや皮膚の状態をもトラッキングするとされる。
赤外線パターンを人体に照射して赤外線カメラで撮影する機能が搭載され、通常のカメラの情報と組み合わせることで人体の心拍数を測定できるようになった。
このように、ゲーム機の周辺機器としては、高性能なもので、そのため価格も高く、14,980円(参考価格)となっている。

2.2.Kinectは超優秀な周辺機器

Xbox One用のKinectのセンサーは高性能で、音声認識によるゲームやアプリの操作ができるのはもちろんのこと、使用者の表情や指の動き、全身の関節の向き、さらに心拍まで認識可能という。
体に、何らの測定器をつけることもなく、ただKinectの前に立つだけで、その人の姿勢や重心、心拍数といった情報が認識されるのだ。
つまり、Kinectは非常に優秀なモーションキャプチャーであると言うことができる。
この非常に優秀なKinectの性能を遺憾なく発揮できるのが、Xbox Live上で提供されているフィットネスアプリである。

3.Xbox oneの正しい使い方

thumb-422147_640

Xbox Oneの性能をもっともよく引き出すためには、Kinectが必要不可欠である。Kinectによって、Xbox Oneでしか体験することのできない素晴らしいフィットネス体験を得ることが可能になる。

3.1.Xbox oneはゲーム機にあらず

Xbox OneはKinectによって、最高のエクササイズマシンへと変貌を遂げる。
Xbox Oneの魅力とは、ゲーム機としてのそれではなく、エクササイズ用マシンとしてのものである。

そう、私は、Xbox Oneをゲーム機としてではなく、エクササイズ用のマシンとして購入したのである。

3.2.Xbox Fitnessによるエクササイズ体験

yoga-263679_640

Xbox Fitnessとは、Kinectと連携して、様々なフィットネスメニューを提供するフィットネスアプリである。映像と音声によって、フィットネスプログラムが提供される。
プログラムは豊富で、ヨガから軍隊式トレーニングまであり、自分に合ったプログラムを選んでエクササイズを行うことができる。1プログラム当たり、短いものでは10分となっているので、気軽に続けることが可能となっている。

また、Kinectと連携することにより、自分のフォームや、力加減についてリアルタイムでフィードバックされるため、正しいフォームや力加減でエクササイズを行うことできる。

3.2.1.Xbox Fitnessのゲーム性

プログラム終了後には、全世界のプレーヤーと自分のスコアの比較や消費カロリーなどが表示される。
さらに、次の段階のプログラムに進むためには、プログラムの成績によって得られるポイントが必要だったりと、ゲーム性も保たれている。
こうしたゲーム性により、楽しみながら、エクササイズを続けることができようにプログラムが設計されている。
これは、まさにXbox Oneがゲーム機であるからこそ可能なことである。

3.2.2.Xbox fitnessのすすめ

運動不足を解消するためといって下手にジムに通うよりは、Xbox fitnessのほうがよっぽど気軽&手軽にエクササイズでき、かかる費用も少ないといえる。
このように、コストパフォーマンスに優れており、楽しく続けられるという点で、運動不足の解消としては、Xbox One+Kinectの購入をぜひ、おすすめしたい。

スポンサーリンク

4.まとめ

  • Xbox oneはもはやゲーム機ではない
  • Xbox one+Kinectは超優秀なエクササイズ用マシン
  • Xbox fitnessであなたも健康な肉体を手に入れよう

運動不足解消のために、これからもXbox oneを有効活用していきたい。

※本記事には、あること(ノンフィクション)と、ないこと(フィクション)が含まれます。