あること・ないこと日記

今日は、本は何も買わなかった。
携帯各社の実質0円販売がなくなり、最近何かと話題の格安simについて今日は書こうとおもう。
ちなみに今私が運用しているのはmineoの格安sim。
私も、格安simは2014年の11月から利用しており、かれこれ1年以上経つ。

今でこそ、格安simを提供する事業者は数多くあるが、私が格安simを運用し始めた当時は、今ほど 事業者は多くはなかった。その上、当時の私が使っていたのはauのスマホだったため、そのスマホを使って格安simで運用しようとすると、使える事業者は必然的にケイ・オプティコム(mineo)になってしまうという状況だった。
そのへんの事情は「LTE バンド ドコモ au ソフトバンク」といったキーワードで検索して調べてください。

そんなわけで、当時のmineoといえば、月額利用料は同一の通信容量で比較するとドコモ系simより高いという惨憺たる状況だった。

しかし、今のmineoといえば、ドコモ系、au系両方の格安simを提供し、パケットギフト、パケットシェア(ドコモ系とau系間でも可能)、フリータンクなど魅力的なサービスを数多く提供している。
もちろん、一番肝心な通信速度についても、不満を感じたことはない。
今(2016年3月31日(木)までに申込)ならお得なキャンペーンをやってるんで、これから格安simの運用を考えているなら、ぜひ候補に入れてみてほしい。

mineoの宣伝ばっかりやってもなんなんで、次は、ドコモ系の格安simで老舗のIIJmioを紹介。
こちらのIIJmioの格安simも半年ほど利用したことがある。
IIJmioは、テレビで割とCMをよく見るY!mobileやOCN モバイル ONEやmineoほど、派手さはないが、インターネットプロバイダサービスの草分け的存在ということから、押さえるところは押さえている堅調さのある格安sim提供事業者であり、通信速度についても何の不満もなかったので、こちらも十分オススメできる。

なお、私が運用した格安simはいずれもデータ通信のみで音声通話はできないタイプのものなので、悪しからず。

あること・ないこと日記

※本記事には、あること(ノンフィクション)と、ないこと(フィクション)が含まれます。