1週間ほど前に、mineoに申し込んだ回線契約がキャンセルされたので、そのことを記事にした。


この1週間で、「mineo 審査 落ち」や「mineo 審査 時間」といったキーワードで検索した人が、その記事を結構見に来ているようなので、私と同じような目に遭っている人が、わりといるようだ、ということが分かった。


今日、またmineoに申し込んだので、それについて書こうと思う。

スポンサーリンク

1.キャンペーン効果で申し込み殺到

haiti-79643_640



申し込みのページを開いたら、「お申し込みはこちら!」と、でかでかと書いてある下に、

「現在、多数のお申し込みをいただいているため、SIMカードなどの発送まで1週間~10日程度いただく場合がございます。(MNPをご利用の方は、MNP予約番号の有効期限内にお届けしております)」

との表記があった。

1.1.MNP優先

photo0000-1048



私の場合、すでにmineoで1回線(データ通信専用)持っていて、追加でもう1回線(音声通話あり)を新規で申し込もうとして、審査に落ちた(非MNP)。
しかも、審査落ちの連絡が来るまでには、1週間かかった。


連絡が来るのが遅かったのは、どうやら申し込みが殺到して、処理に時間が掛かったようだ。MNPを優先的に処理していたようなので、非MNPの場合は余計に時間がかかったのだろう。


MNP優遇は仕方ないが、それでも、審査落ちの連絡は、もっと早くくれてもいいんじゃないかと思う。

2.再度申し込み

前の記事でも書いたが、キャンペーンも終わってしまい、今さら申し込んでも、正直、何のうま味もない。


それでも、エントリーコードを買ってしまったし、もう1回線(正確にはドコモ回線)が必要なので、再度mineoに回線契約を申し込むことにした。


2.1.エントリーコードについて

エントリーコードは、mineo事業を行っているケイオプティコムの運営するeoスマイル特選街で、1,080円で購入することができ、購入すると、メールでエントリーコードだけ送られてくる。


当初、エントリーコードを1,080円で購入することによって、契約事務手数料がかからなくなるのはお得だと思っていた。
たしかに、お得なのだが、もっとお得な方法をたまたま目にしてしまった。

2.2.公式で買うより安くエントリーコードを入手する方法

offer-706850_640






それは、何のことはない、Amazonで、「mineo エントリーパッケージ」を購入するだけである。
Amazonだと上記パッケージが880円で購入できる(2016年5月28日現在)。


Amazonでエントリーパッケージを購入する場合と、eoスマイル特選街でエントリーコードを購入する場合について、ここまで書いてきたが、その値段差はたかだか100円程であり、メールで届くeo特選街の方がエントリーコードを早く手に入れることができるので、好きな方法で買えばいいんじゃないかと思う。

2.3.本題

前段がずいぶんと長くなってしまったが、ここでようやく本題に入りたい。


今日、mineoに再度回線契約の申し込みをした。
ただし、前回と全く同じ方法にはしなかった。

  • 相違点1:前回はデュアルタイプ(データ通信+音声通話)、今回はシングルタイプ(データ通信のみ)
  • 音声通話ありプランだと、本人確認書類の提出が必須だが、データ通信のみのプランだと、必要ない(すでに1回線契約しており、契約者情報は登録されているため)ので、わりと早く手続きが進むと思う。


    job-1257204_640

  • 相違点2:前回は、職業欄で無職と選択、今回は、パートアルバイトを選択
  • 前回は、無職で申し込んだので、審査落ちしたのかもしれないと思い、今回は、パートアルバイトを選んでみた。

  • 相違点3:前回はパケット制限500MBを選択、今回は3GBを選択
  • 最低容量だと、審査が厳しいのかと思い、パケットを多めにした。



前回、審査落ちした理由は、本人確認が必要な音声通話ありプランにしたからだと思っているので(もしかしたら無職のほうかも)、今回は、審査に通るんじゃないかと思っている。

スポンサーリンク

3.まとめ

  • mineoが年度末まで行っていたキャンペーンは大盛況のよう
  • mineに新規で契約申し込みするなら、エントリーコードかエントリーパッケージの購入でお得になる
  • mineoの契約の審査落ち後に、条件変えて、再度申し込み



これで、ダメだったら、いったいどうすりゃいいの。


※本記事には、あること(ノンフィクション)と、ないこと(フィクション)が含まれます。