先日、Kindleが安いといって記事にした。


3周遅れぐらいだが、その時注文した「Kindle paperwhite」が届いたのでレビューする。


画像多め、文字は少なめ。


まずは、明細
IMG_20160518_230019

スポンサーリンク

1.開封から起動まで

外側のパッケージ(スリーブケース)の画像から(画像クリックで拡大、以下同様)
IMG_20160518_153001


次、パッケージ裏
IMG_20160518_153040


スリーブケースの中からさらにパッケージ
IMG_20160518_153200


ここで、ついでに入った事故保証の保証書
IMG_20160518_153116


パッケージ、オープン。
本体は、文庫本より一回り大きく、少年コミックの単行本より一回り小さい。
IMG_20160518_153240


Kindle本体と説明書の下に、USB充電ケーブル(ケーブルのみ、充電器は別売り)
IMG_20160518_153502


付属物一覧
IMG_20160518_153445


付属する説明書の(日本語で書かれた)説明らしい説明はこれだけ
IMG_20160518_153804


これは、紙の印刷物が上に載ってたり、半透明のフィルムが載ってたりするのではなく、Kindle本体に表示されているもの(まさに紙と見まごうほど)
IMG_20160518_153336


本体裏
IMG_20160518_153523


本体下部に、電源ボタンとUSBケーブル差込口と充電時に光るインジケーターがあるのみ
IMG_20160518_153608


電源ボタンを長押しして起動
IMG_20160518_153653





2.起動後

マンガの集中線のような謎の効果がかかった初回起動画面
IMG_20160518_153754


登録作業をしようとしたら、自動で、ようこそ○○さんとか出てきて、ちょっと焦った。
IMG_20160518_154006


このあと、初回起動時恒例のチュートリアルが続く
IMG_20160518_154124


少し飛ばして、辞書機能の紹介
IMG_20160518_154253


IMG_20160518_154307


次は、ハイライト機能の紹介
IMG_20160518_154330


IMG_20160518_154338


kindle paperwhiteにはライトがついてる(無印Kindleにはついてない、暗くても読めるので便利)
IMG_20160518_154348


単語帳機能もあるらしい
IMG_20160518_154453


Kindleのホーム画面
IMG_20160518_154543


辞書機能用?の辞書がたくさんあった(主に英語)
IMG_20160518_154737


X-Rayとかいう便利?な機能(人物)
IMG_20160518_155813


X-Rayの機能つづき(トピック)
IMG_20160518_155834


ユーザーガイドに書いてあったX-rayの説明
IMG_20160518_160351


画面の横表示(スマホのように自動回転ではなく、手動で設定する必要がある)
IMG_20160518_160638


スリープの状態にすると広告が表示される(安いキャンペーン情報つきモデルを買ったため、広告表示無しだと+2,000円)
IMG_20160518_155919


スリープ解除時も、広告が表示される(スワイプでスリープから復帰)
IMG_20160518_155935


おまけで付いてるブラウザ機能(体験版)
IMG_20160518_160932


スリープさせて、ちょっと経ったら、勝手にソフトウェアのアップデートが始まった
IMG_20160518_161234


また、チュートリアルを見せられた
IMG_20160518_161831


なんか表示が少し変わった(アイコンとか一番上のバーの色とか)
IMG_20160518_162101





スポンサーリンク

3.まとめ

  • 思ってたより小さかった(画面サイズが6インチなので当然だが)
  • 画面の質感は、まさに紙の書籍そのもの
  • フロントライト便利(寝る前の暗い部屋での読書がはかどる)



※本記事には、あること(ノンフィクション)と、ないこと(フィクション)が含まれます。