今回、ギアベストからAndroidタブレット「Onda V80」の商品提供を受けたので紹介する。


2月24日に発送の連絡が来て、2月27日には手元に届いた。


レビュー商品だからなのかは分からないが、随分と早く届くものだなと思った。



クーポンコード
V80NEW


※クーポンの数には限りがあり、上限に達した場合には、割引が適用されなくなる

スポンサーリンク

Onda V80

Onda V80」は1万円以下の廉価なAndroidタブレットであるため、性能的としては必要最低限のものとなっている。


ただし、廉価モデルではあるもののAndroidのバージョンが7.0であったり、解像度が高め(1920 x 1200)であったりと、それなりにいい部分もあると言える。

主なスペック

Onda V80」の主なスペックは以下のとおりである。

項目 内容
OS Android 7.0
ディスプレイ 8.0インチ
WUXGA(1920 x 1200)
CPU Allwinner A64
(4 x 1.3GHz)
RAM 2GB
ROM 16GB
カメラ リア:200万画素
フロント:30万画素
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth: 4.0
バッテリー 4200mAh
その他 microSD最大128GB、技適なし

画像等


外箱

外箱はシンプルなデザインで、裏面に大まかなスペックが英語で書かれている。

(表面)



ベゼルの色は”BLUE”らしいが、ほとんど黒にしか見えない。


(裏面)

本体

本体の右側面にmicroSDカードのスロットがある。




画面

8.0インチのWUXGA(1920 x 1200)ということで、電子書籍の閲覧などに向いているのではないかと思う。


試しに「Kindle Unlimited」で配信されている雑誌を表示してみたが、問題なく読めた。


(1ページ表示)



(2ページ見開き表示)



なお、Androidのバージョンが7.0であるため、マルチウィンドウでの2画面分割表示が可能となっている。


(上:BookLive!、下:Google Chrome)



(左:BookLive!、右:Google Chrome)



(左:BookLive!、右:Google Chrome)

初期状態

出荷時の時点ですでにセットアップされていたようで、電源を入れると英語表示となっていた。



プリインストールアプリは「ES File Explorer」と「Google Pinyin Input」くらいで、ほぼ素のAndroidの状態であった。



ストレージ容量は16GBであるが、使用可能な容量は10GBとなっていた。



起動直後のメモリ使用量は以下のような感じであった。



なお日本語表示に関しては、言語設定を日本語に変更するだけで可能である。


ベンチマーク結果

「Antutu」は端末が対応していないと表示され、インストールできなかったため、「Geekbench」を実行してみた。


(CPUの結果)



(COMPUTEの結果)

使用感

それほど使い込んだわけではないが、操作感はお世辞にもサクサクとは言えな感じである。


しかしながら、OSのバージョンが比較的新しいことや、画面の解像度がフルHD以上であること、何より1万円以下で買えることを考えれば、上出来なのではないかと思う。



クーポンコード
V80NEW


※クーポンの数には限りがあり、上限に達した場合には、割引が適用されなくなる

スポンサーリンク

まとめ

  • ギアベストより商品提供を受けた「Onda V80」のレビューをした。
  • Onda V80」は、1万円以下で買える廉価なAndroidタブレット
  • Onda V80」は、廉価ながらAndroidのバージョンが7.0であったり、解像度がWUXGA(1920 x 1200)であったりと、良い部分もある。