前回の記事で少し触れたが、先日、バイトの面接を受けた。
先日とは言うものの、面接を受けてから、かれこれ2週間ほどになる。


なぜ、そんなに時間が経ってしまったのか、事の経過について書いてみる。

スポンサーリンク

1.バイトの募集に応募

まず最初に、バイトの募集に応募した。
web上から応募したところ、採用担当者からメールが来た。


メールの内容に従い、連絡したところ、面接の日時が決まった。


ちなみに、バイトの内容は倉庫内でのピッキング作業だ。


場所が家から近かったので、選んだ。
徒歩5分もかからないほど近い。

2.バイトの面接

指定された日時に事務所へ赴いた。
すると、そこで思わぬ提案がなされた。


それは、「今ちょうど人手が足りないので、契約社員にならないか」というお誘いだった。
その気があるなら、担当者に話を通しておくと言われ、面接が終了した。


採用の可否は5日以内に連絡すると言われたので、「なんか無理っぽいな」と思っていたら、
その日のうちに連絡が来た。

3.契約社員

連絡の内容は、契約社員の件のことで、再度、事務所に行くことになった。


また、指定された日時に赴くと、若いがずいぶん偉そうな担当者が出てきた。
今まで、会っていた採用担当者は、40~50代のおっさんだったが、今回の担当者はどう見ても30代だった。
たぶん、私とそんなに歳も違わないと思う。


この日会った人物は、センター長?とかいう役職で、少なくとも、採用担当のおっさんよりは上の役職らしく、おっさんが敬語で話しかけていた。
どうりで、偉そうだったわけだ。


で、契約社員の待遇はというと、基本給190,000円(月給)で、1か月ごとのシフト制、賞与なし、休日年間105日、契約期間1年というもので、仕事の内容は配車管理だとか、請求書の整理だとか言っていた。


2~3日考えさせてもらい、バイトか契約社員か返事をすることになった。

4.返事

しばらく考えたが、いろいろ予定もあり、1年は継続して働けないと思ったので、当初の予定通りバイトで行くことに決めた。
早速返事をしようと思ったが、その日は、休業日だと聞いていたので、翌日に電話することにした。


翌日電話すると、担当者が不在なので、また掛け直してくださいと、電話の相手が言う。
一度こちらから掛けているのに、また掛け直すとか意味が分からない。


ちょっとイラッとしたが、お伝えいただければ分かりますと言って、電話の相手にバイトを希望する旨、担当者に伝えてもらうよう話しをし、電話を終えた。

5.連絡ミス

その後、3日待ってもなんの連絡もない(この時点で最初の面接から1週間ほど経っている)ので、面接の結果について問い合わせてみた。


すると、私からの連絡を待っていたとのことで、前回の電話でのやり取りが担当者に全く伝わっていないことが分かった。


この時点で、この会社大丈夫か?と思ったのだが、結局バイトで採用ということになった。
いろいろな書類を書く必要があるとのことで、後日、また事務所へ伺うことになった。

6.採用

事務所へまたまた赴いたところ、バイトとして採用するとのことで、電話で言われていた各種の書類を書くことになった。


書類の内容は、振込先の口座情報についてや、機密保持の誓約書、源泉徴収関連などだった。
そして、勤務時間の話や服装、必要な持ち物などの話があった。


勤務時間は週5日8:30~17:15までで場合によっては残業あり、服装はジャージ・スウェットはNG、持ち物はスリッパと作業用の上履きとのことだった。


いやいやいや、バイトなのに普通にフルタイム労働なんですけど。

スポンサーリンク

7.まとめ

  • バイトの面接に行ったら契約社員の話をされた
  • 考えた末、結局バイトにした
  • 明日から週5で毎日8時間バイト