電子工作を始めてから、いろいろなパーツ、例えばモーターを固定するためのパーツ、を自分で作れたら、工作が随分捗るだろうと思うようになった。


最近では、3Dプリンターが随分安く買えるらしいということが分かったので、予算3万円で早速購入することにした。

2~3万円で買える3Dプリンターを紹介


スポンサーリンク

購入するまで

まずは3Dプリンターについて調べた

3Dプリンターが安く買えるのは分かったが、どのようなプリンタを買えばいいのかはよく分からないので、まずは調べてみた。


調べた結果、大まかに分けると、門型デルタ型のプリンタがあるということが分かった。


それぞれの特徴は以下の通り。

項目 門型 デルタ型
構造 x軸、y軸、z軸が独立 x軸、y軸、z軸が連動
メンテナンス し易い し難い
増設 簡単 1度組み上げた後では難しい
形状 直方体 三角柱
見た目



見た目では、デルタ型のほうが洗練されていてカッコよかったので、初めはデルタ型のモデルを検討していた。

購入候補を絞った

AliExpressで購入しようと思い、3Dプリンターを検索していたら、デルタ型よりも門型の方が多かった。


なので、デルタ型に加えて門型についても吟味した結果、以下の3モデルが最終的な購入候補となった(※全て自分で組み立てるキット形式のもの)。

項目 Tevo Tarantula Anet A8 AnyCubic 3Dプリンター(Kossel)
形状 門型 門型 デルタ型
ノズル口径
(mm)
0.4 0.4 0.4
積層ピッチ
(mm)
0.05 0.1 ~ 0.3 0.1 ~ 0.4
プリントサイズ
(mm)
200 × 200 × 200 220 × 220 × 240 180 × 180 × 315
プリントスピード
(mm/s)
150 100 150
対応フィラメント PLA, ABS, PVA, Flexible Filaments, PETG(高強度ポリエチレンテレフタレート), Wood PLA, ABS, PVA, TPU(熱可塑性ポリウレタン), Nylon, PP, Wood PLA, ABS, PVA, HIPS(耐衝撃性ポリスチレン), Wood
ヒートベッド 標準装備 標準装備 オプション
本体サイズ
(mm)
430 × 440 × 400 500 × 400 × 450 300 × 400 × 680
価格($)( 198.37 ~ 372.67 185.25 ~ 199.50 164.00 ~ 259.20

※2017年4月25日現在


性能を比較した末、Tarantulaでほぼ決定となったが、最終的には以下の動画が決め手で、TEVO Tarantulaを購入することにした。




注文してから届くまで

AliExpressで注文(4月12日)したところ、しばらくセラーが発送手続きをしないので、全くステータスが動かなかった。


注文がシステムにより自動的にキャンセルされる寸前になって、セラーが発送の手続きを行った(4月21日)。


そこからは動きが早くて、今日には届いた(4月25日)。


結局、注文から2週間ほど(13日)で手元に届いたことになる。


Tevo Tarantula Prusa I3 3D Printer DIY Kit- BLACK US PLUG BLACK

届いたもの


(箱)



(説明書)



(内容物:1段目)



(内容物:2段目)



(内容物:3段目)

スポンサーリンク

まとめ

  • 電子工作が捗ると思い、3Dプリンターを購入した
  • 門型とデルタ型で迷った末、門型にした
  • 購入したのは、TevoのTrantura