2017年1月15日にGoogle AdSenseで「関連コンテンツユニット」を使用できるようになった。

Google AdSenseで「関連コンテンツユニット」を使えるようになった



そして、今日(2017年1月28日)になってやっとオプションの広告表示を使用できるようになった。



関連コンテンツが使用できるようになってから、広告表示のオプションが選択可能になるまでに、約2週間(13日)かかったことになる。

スポンサーリンク

広告表示が可能になった時点でのクリック率など

前回の記事と比較したのが、下記の表の通り。

項目 2017年1月15日~
2017年1月19日
2017年1月15日~
2017年1月28日
「関連コンテンツユニット」の表示回数 1,994 5,722
おすすめコンテンツの表示数回数 22,612 66,440
おすすめ情報のクリック数 74 234
「関連コンテンツユニット」表示数/クリック数 約3.7% 約4.1%

集計期間がおよそ3倍になると、各項目の数値もおおむね3倍(クリック率除く)となっており、ある意味安定した推移をしていると言える。


集計期間を元に概算してもらえれば分かる通り、1ヶ月のPV数はおよそ1万数千程度であり、記事数は100強である。


これらのことから、少なくともPV数1万強で「関連コンテンツユニット」クリック率4%程度あれば、「関連コンテンツユニット」への広告表示は可能である、ということがわかる。

スポンサーリンク

まとめ

  • 「関連コンテンツユニット」に広告表示ができるようになった
  • 「関連コンテンツユニット」の使用開始から、広告表示できるようになるまでに、13日かかった
  • 「関連コンテンツユニット」への広告表示は、PV数1万強、クリック率4%程度でも可能