2017年1月15日に、Google AdSenseのアカウントページへログインしたところ、通知があることを示すマークが表示されていた。


何かと思ってみてみると、最適化のお知らせだった。



「関連コンテンツ」の文言があるので、もしやと思い確認してみると、「関連コンテンツユニット」が利用できるようになっていた。


早速、Wordpressの関連記事表示プラグインと置き換えることにした(※本ブログでは、まだ使えるようになっていない)。

スポンサーリンク

広告は表示されない

※2017年1月28日追記:「関連コンテンツユニット」で広告の表示が可能になった

月間1万PV程度でも「関連コンテンツ」への広告表示は可能(Google AdSense)



「関連コンテンツユニット」を使えるようになったということで、喜び勇んで設定してみたものの、何故か広告は表示されない


原因を調べてみたところ、「関連コンテンツユニット」を利用できることと、「関連コンテンツユニット」への広告表示を利用できることは別物、だということがわかった。


以下に、AdSense ヘルプの関連コンテンツに関するページの記載を一部抜粋する(※文字の一部強調は管理人による)。

関連コンテンツ ユニットに関する重要なポイント:

  • 広告を掲載できるのは、十分に収益化が見込めるサイトだけです。

  • 関連コンテンツ ユニットのご利用資格

    利用資格 意味
    現在関連コンテンツ ユニットを利用できません サイトがトラフィック量とページ数の最低要件を満たしていません。
    関連コンテンツ ユニットを利用できます サイトがトラフィック量とページ数の最低要件を満たしています。
    関連コンテンツ ユニットを利用し、おすすめの関連コンテンツの間に広告を表示できます サイトがトラフィック量とページ数の最低要件を満たしており、十分に収益が見込めます



    このように、「関連コンテンツユニット」の利用と「関連コンテンツユニット」への広告表示の利用は、明確に利用資格が分けられており、「十分な収益を見込める」という要件を満たさない限り「関連コンテンツユニット」への広告表示は利用できないということが読み取れる。

    「関連コンテンツ」の利用実績

    「関連コンテンツ」の利用を開始してからまだ5日目であるが、今日(2017年1月19日)現在での利用実績を公開する。

    項目 回数
    「関連コンテンツユニット」の表示 1,994
    おすすめコンテンツの表示 22,612
    おすすめ情報のクリック 74

    「おすすめコンテンツ」については、PCページで8、スマホページで13表示されるので、「関連コンテンツユニット」の表示回数よりも、かなり表示回数が多くなっている。


    「関連コンテンツユニット」の表示回数に対するクリック率を確認してみると、1,994÷74で、約3.7%であった。


    同じく最近、「関連コンテンツユニット」を利用できるようになったという「とまじぃさんち」では、2,111÷103で約6.2%のクリック率だったようだ。


    あまりにクリック率が低すぎると、”十分な収益が見込めない”として、広告表示の利用ができないかもしれないので、クリック率5%は欲しい

    スポンサーリンク

    まとめ

    • Google AdSenseの「関連コンテンツユニット」を利用できるようになった
    • 「関連コンテンツユニット」は利用できるが、広告表示は利用できない
    • 使用開始5日目での「関連コンテンツユニット」の利用実績は、約3.7%だったので、クリック率5%は欲しい