以前、ギアベストから1500円ほどのスマートリストバンドを購入した。

1,500円のスマートウォッチ買った

「Amazfit Bip」対応アプリの「Notify & Fitness for Amazfit」を紹介

「Amazfit Bip」の英語化とウォッチフェイスの変更について(「Notify & Fitness for Amazfit」使用)

「Amazfit Bip」のカスタムウォッチフェイス5選とカスタムウォッチフェイスへの変更方法



睡眠時間が計測できたりして、それなりに使い勝手は良かったのだが、時刻が常時表示されかったり、それほどバッテリーが持たなかったりと、多少の不満もあった。


ある時、バッテリー持ちが非常に良くて、時刻計が常時表示されるスマートウォッチがあるということを知った。


それが、「Amazfit Bip」であった。

スポンサーリンク

Amazfit Bip

時刻が常時表示されていながら、バッテリーは1か月以上持つ(公称)らしい。

  • 主な仕様
    • ディスプレイ:1.28インチ
    • 表示可能項目:日時、曜日、天気、気温、心拍数、歩数、移動距離、バッテリー残量
    • 位置情報:GPS + GLONASS
    • 各種機能:時刻表示、歩数計、アクティビティ計測、睡眠モニター、天気予報表示、ストップウオッチ、タイマー、電子コンパス
    • バッテリー持続時間
      • 45日(週に1時間半ランニングする場合、または、日に100件の通知がある場合)
      • 22時間(GPS連続使用時)
    • 防水/防塵:IP68
    • Bluetooth:4.0

「中国版」と「インターナショナル版」

「Amazfit Bip」には、「中国版」と「インターナショナル版」の2タイプがある。


今のところ「Amazfit Bip」の「インターナショナル版」については、スマホの言語設定が英語なら、英語表示になり、スマホの言語設定が英語以外なら、中国語表示になるというクソ仕様となっている(※Android版の公式アプリを使用する場合)。


したがって、あえて価格の高い「インターナショナル版」を選ぶ理由など全く無いため、「中国版」を選んでおけばよい、ということになる。


外観等

「Amazfit Bip」本体のほか、外箱や付属品などを紹介する。


画面は「reflective colorful screen」という反射型液晶で、バックライトを点灯させない状態でも、光源があれば視認性は良く、直射日光下でも見えづらいということはない。


(ディスプレイのバックライトなしで、ライトを当てた状態)


(外箱:天面)



(外箱:底面)



(開封時)



(付属品の箱)



(説明書)



(Amazfit Bip本体)



(充電台)





充電台の裏には滑り止めがあるほか、ベルトに合わせた窪みがあり、細かいつくりとなっている。





(充電時には、時刻が表示される)

「Amazfit Bip」の表示項目一覧

Android版の公式アプリ「Mi Fit」使用する場合、特別な操作をしない限り「Amazfit Bip」本体の表示は中国語での表示となるが、


(英語環境以外だと中国語での表示となる)



ここでは英語化した状態での表示項目を紹介する。


また、ここで紹介するウォッチフェイス(文字盤)は変更後のものであるが、変更の仕方については、本体表示の英語化の方法とともに後日紹介する。


(日時のほか、曜日、歩数、移動距離、天気、血圧、バッテリー残量、Bluetoothの接続状態が表示される)



表示項目のうち、大項目は、以下の通りとなっている。


(ステータス)



(アクティビティ)



(天気)



(アラーム)



(コンパス)



(タイマー)



(設定)

ステータス

「ステータス」で表示される項目内容は、「歩数」、「心拍数」、「移動距離」、「消費カロリー」などとなっている。


アクティビティ

「アクティビティ」で表示される項目内容は、「ランニング(屋外)」、「ランニング(屋内)」、「サイクリング」、「ウォーキング」、「アクティビティの履歴」、「アクティビティの設定」となっている。


「ランニング(屋外)」~「ウォーキング」のいずれかの項目を選択することで、そのアクティビティの計測が開始される。


天気

「天気」で表示される項目内容は、設定した地点の「天気予報」となっている。


1週間先の予報まで表示されるようだが、対応していない地点の場合はその限りではない。


アラーム

「アラーム」では、アプリ側で設定したアラームのオンオフが行えるようになっている。


残念ながら、「Amazfit Bip」本体でアラームの時刻設定を行うことはできない。


コンパス

「コンパス」では、電子コンパスが表示される。


タイマー

「タイマー」で表示される項目は、「ストップウォッチ」と「カウントダウン」となっている。


設定

「設定」で変更できる項目は、「ウォッチフェイス」、「ボタン長押し時の動作」、「画面の明るさ」となっているほか、「電源オフ」ができるようになっている。



Mi Fit

公式アプリの「Mi Fit」で設定できる項目は多くなく、サードパーティー製のアプリのほうが設定できる項目が多く優れているといえる。


なので、私は公式アプリを使わず、サードパーティー製アプリを使うことにした。


サードパーティー製アプリについては、別記事にて紹介する。


(ステータス画面)



(アクティビティ画面)



(プロフィール画面)



(Amazfit Bip設定画面)



(アラート設定画面)



(アプリ設定画面)





(公式で提供されるウォッチフェイス)

スポンサーリンク

まとめ

  • スマートウォッチの「Amazfit Bip」を買った。
  • Amazfit Bip」は、常時時刻が表示されていたり、バッテリー持ちが良かったりと、満足度の高いスマートウォッチである。
  • Amazfit Bip」の対応アプリとしては、サードパーティー製アプリを使うのが良い。