OxygenOS5.0では、ベースがAndroid 8.0(Oreo)になるという(参考:Wikipedia – OxygenOS)。


Android 8.0の新機能(Picture in PictureやSmart Text Selection)を試してみたかったので、OSをOxygenOS5.0にアップデートしてみることにした。

【GearBest(ギアベスト)】OnePlus 5Tセール情報(クーポン)

OnePlus 5Tレビュー

3DプリンタでOnePlus 5T用TPUケースを自作した


スポンサーリンク

OxygenOS5.0へのアップデート

※OSアップデートの操作をする前には、必ずデータのバックアップを取っておく必要がある。
※また、ここで紹介している方法は、カスタムROMを導入したりせず、root化していないことが前提である。
※最後に、ここで紹介する方法に関しては、完全に自己責任で行うこと



PCでOnePlusのダウンロードページへ行き、目的のリンクをクリックする。



移動した先のページ内にある説明に従ってOSのアップデートを行う。



まずは、ページ下部にある「Download」ボタンをクリックする。



次に、PCと「OnePlus 5T」を接続し、先程ダウンロードしたファイルを「OnePlus 5T」にコピーする。



ファイルのコピーが完了したら、「OnePlus 5T」を一旦シャットダウンする。


シャットダウン後、電源が入るまで「電源ボタン」と「ボリュームダウンボタン」を同時に押し続ける



※ここで、「パスコード」を設定している場合には入力を求められるので、「パスコード」を入力する。


「English」を選択した後、「Install from internal storage」を選択し、先程端末にコピーしたファイルを選択する。



あとは、OSのアップデートが完了するまで、しばらく待つ。





ピクチャ イン ピクチャ(PIP)

ピクチャ イン ピクチャ(PIP)とは、特定のアプリをバックグラウンドで(小窓)で表示し続けることができるようになる機能である。


PIPの機能により、Webページのブラウジング中に、YouTubeでの動画再生を小窓で表示し続ける、といったことができるようになる。



OxygenOS5.0ではこのPIPの機能がデフォルトで有効にはなっている。









しかし、そのままではPIPはうまく機能しない。


とりあえずYouTubeだけでも、PIPが機能するようにしたかったので、OnePlusの公式フォーラムを見てみた。


公式フォーラムのあるスレッドに書かれている方法で、YouTubeでのみPIPが機能するようになった。


具体的には「YouTube Vanced」というアプリをインストールするだけである。


インストールが完了すると、「YouTube Vanced」で動画を再生中にホームボタンを押すことで、小窓で動画が表示され続ける。


なお、「YouTube Vanced」をログインした状態で使いたい場合には「microG_for_iYTBP_Vanced」というファイルを追加でインストールする必要がある。

スポンサーリンク

まとめ

  • 「OnePlus 5T」のOSをOxygenOS5.0にアップデートした。
  • PIPは、そのままではうまく機能しない。
  • 「OnePlus 5T」でPicture in Picture(PIP)の機能を使えるようにした。