今回は、Elephoneの最新アクションカメラ「REXSO Explorer K」をギアベストから提供してもらったので、レビューを行う。


アクションカメラといえば「GoPro」ではあるが、「GoPro」によく似た製品も、世の中にはたくさん出回っている。


そう、中華アクションカメラがそれである。


しかし、一口に中華アクションカメラといっても、性能に関してはピンからキリまである。


たとえば、5000円以下で買えるようなアクションカメラを買ってみたところで、正直あまり使い物にはならないだろう。


なぜなら、そのような価格帯のアクションカメラには手ブレ補正機能がついていないため、映像を撮影してもブレがひどく見れたものではないからである。


その点、今回レビューする「Elephone REXSO Explorer K」は、6軸電子手ブレ補正機能がしっかりと備わっているので、おすすめできる中華アクションカメラとなっている。


スポンサーリンク

Elephone REXSO Explorer K

「Elephone REXSO Explorer K」で特筆すべき点は、16メガピクセルのパナソニック製イメージセンサを採用しているほか、H.265に対応したハイシリコン製のSoCを採用していることである。


H.265は画質が同等なら、データ量はH.264の約半分に収まるとされるため、同一容量のメディアであればH.264で記録する場合と比べて、より長時間の記録が可能となる。


なお、本体、アプリとも日本語表示に対応している点も好印象である。

外観

本体正面には、電源ボタンが配置されているが、これは「モード」ボタンも兼ねている。


また、充電時に点灯する赤色のLEDと 動作中に点滅する青色のLEDが配置されている。


(正面)



背面は、全面がディスプレイとなっている。


(背面)



右側面には、WiFiボタンがある。


スマホとWiFi接続することで、対応アプリ(iOS版、Androido版)を使ってスマホからカメラ本体の各種操作を行えるようになる。


対応アプリについては、後日、別記事にて紹介する。


(右側面)



左側面には、マイクロHDMI端子とマイクロUSB端子がある。


(左側面)



天面には、シャッターボタンがあるが、これは「OK」ボタンも兼ねている。


また、WiFi接続時に点滅するLEDもある。


(天面)



底面には、microSDカードスロットとバッテリーの取り出し口が配置されている。


microSDカードスロットについては、底面よりも側面にあったほうが使い勝手が良いように思う。


(底面)



バッテリーの接点にあたる部分には、カプトンテープらしきものが貼られていた。


使用する際にはこのテープを剥がす必要がある。


(バッテリー)



主なスペック

次に、主なスペックを概観する。


項目 Elephone REXSO Explorer K
価格(2018年1月2日時点) 10,797円($99.99)
イメージセンサー Panasonic MN34120(16メガピクセルSmartFSI)
チップセット HiSilicon HI3559
ディスプレイ 2インチ
(320 x 240)
画角 170°
デコードフォーマット H.265/H.264
ビデオフォーマット MP4
ビデオ 4K(3840 x 2160):30fps
2K (2560 x 1440) :60fps
1080P (1920 x 1080):60/30fps
720P (1280 x 720):120fps
写真 16M(4608 × 3456 4:3)
12M (4032 × 3024 4:3)
8M(3264 × 2448 4:3)
5M(2595 × 1944 4:3)
ストレージ microSD最大128GB
防水 30m(ハウジング使用時)
バッテリー 1200mAh
寸法 59mm x 41mm x 21.3mm
本体重量 64.5g
その他 6軸電子手ブレ補正、日本語対応




ご覧の通り、アクションカメラとして一通りのことはできるスペックを備えている。

付属品

付属品としてキャリーバッグが付属するため、豊富なアクセサリー類の収納に困ることはない。


そのほか、以下の各種アクセサリーが付属する。

  • 1 x Waterproof case
  • 1 x Bicycle Bracket
  • 1 x Back clip
  • 1 x clip
  • 1 x J-shaped Mount
  • 1 x User manual
  • 1 X commutator
  • 1 x fixed base
  • 2 X Helmet pedestal
  • 1 X Switch Support 1
  • 1 X Switch Support 2
  • 1 X Switch Support 3
  • 2 x 3M Adhesive Tape
  • 2 x bandage
  • 1 x USB Cable
  • 4 x ribbon
  • 1 x Cleaning Cloth
  • 1 x wire cable











動画

各種動画撮影のほか、静止画の撮影が可能となっている。

通常撮影

4K(30FPS)、2K(60FPS)、1080P(30FPS、60FPS)での撮影ができる。

(1080P 60FPS)

スロー撮影

120FPS(720P)での撮影となり、撮影した映像をそのまま再生するとスロー再生した映像のようになる。


ループ撮影

一定間隔での撮影を繰り返す撮影モードで、撮影した記録が次々と上書きされていくので、ドライブレコーダーなどの用途に向いている

タイムラプス

「タイムラプス」は「微速度撮影」ともいわれ、長時間の変化を短時間に縮めて観察できるという特徴がある。


下記のサンプル動画では、90分の変化が3分に収まっている。

(2K 60FPS、1秒間隔)

手ブレ補正

手ブレ補正機能は、オンの場合とオフの場合で、はっきりと違いが感じられる程度には効果がある。


(2K 60FPS、手ブレ補正なし)



(2K 60FPS、手ブレ補正あり)

歪み補正

「Elephone REXSO Explorer K」のレンズは広角レンズであるた、その特性上、周辺部に歪みが生じる。


歪み補正をオンにすることで、そうした周辺部の歪みを低減することができるが、補正なしの場合に比べて画角が多少狭くなる。


(歪み補正あり)



(歪み補正なし)


スポンサーリンク

まとめ