先日、Arduino Uno互換機赤外線リモコンを使うことによって、メカナムホイールのラジコンカーを作ることに成功した。


しかしながら、2メートルも離れてしまうと操作不能になってしまい、ラジコンとしては残念な感じである。


そこで、今度はWi-Fi越しにスマホなんかで操作できるようにすることにした。


見た目的には、Arduino互換機を使った赤外線ラジコン版とあまり変わらない。


スマホで操作できるオムニホイールのWi-Filラジコンカーを3Dプリンターで作った(ESP32)

Arduino Uno互換機でメカナムホイールのラジコンカーを作った


スポンサーリンク

動作

スマホで操作している様子


ESP-WROOM-02

ESP-WROOM-02は、Arduino IDEの利用が可能な、安価で小型のWi-Fiモジュールである。


Arduino IDEの利用が可能であることから、Arduino Unoとほぼ同じような感覚で、プログラムを組むことができる。


メカナムホイールのWi-Fiラジコン化にあたっては、この安価で導入が容易なESP-WROOM-02を使うことにした。




使用パーツ

使用するパーツについては、Arduino Uno互換機ESP-WROOM-02に置き換わったのと、LEDが1つ追加された以外は、基本的に前回の記事と同様である。

配線


プログラム


スポンサーリンク

まとめ

  • 赤外線ラジコンのメカナムホイール車をWi-Fiラジコン化した
  • Wi-Fiラジコン化には、ESP-WROOM-02を使用した
  • 次は、オムニホイール車のWi-Fiラジコンを作る